2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月 

ドル安すぎ~(ーー;)

2008年03月16日(日)

金曜の大雨がら昨日は一転大晴れ~♪

うちの保育園では卒園式がありました!保育園は家の目の前なの(^^)
次男も卒園児を送る為、卒園式出席!

しかし、ママ達凄すぎ~着物から民族衣装・・・派手派手(~_~;)
「え~どうしたの?」と卒園児ママに聞くと、「着物着る機会もないし目立ちたいしね!」
って誰の卒園!?

でも~きっと泣きじゃくったに違いない・・・・ゆんだって三男おっぱい卒業にも涙したんだから(>_<)

「近所の居酒屋で飲み&カラオケするからおいで」なんて誘われたけど、卒園児ママとのテンションの違いについて行くのはしんどそうだから、丁重にお断り(^^ゞ

さてさて、FXですが、

う~ん((+_+))ドル98円行っちゃいましたね!

ポンちゃんの動きがおかしいと思っていましたが、200円割れ~・・・

ほんのちょっと前まで起きていてチャートを眺めていたのに、寝てからの下げ下げに乗れず、ガッカリ・・・どう見てもチャート的には下げよね~。

ポンちゃん&ドルは上値重すぎでしたし・・・。米指標後も爆上げ↑↑なんて動きしてくれず。
逆指値で参戦したゆんは、ポンちゃん204.10円まで上げれば買い~
203.5円まで下げれば売り~(^^ゞ

指標後204.17円(スリップした!)ロング拾われ見る見る上げ上げ50pips×2枚(1万)
このまま上がるな~と思い買値にストップ置いたら、10分後に刺され・・・利確ならず(>_<)

ショートの方の注文取り消すのを忘れていたらいつの間にか拾われ、ほうっておけば良かったものの
チャートがダウンしてしまい(FXA)恐ろしくなり・・・

というか値ごろ感は禁物と自分でブログに書いて置きながら、これ以上下げても大した事ないだろうと、思い込んでいたので“ダウ寄り付きプラス”のメルマガを見て損切りして眠ったのでした↓↓

朝携帯を見るとドル98円のポンちゃん199円台・・・おいおい持っていたら、イヤ起きていたら300pips
(6万)のプラスだったよ(T_T)
逆指値注文を忘れて寝てしまっても良かったかも~(ーー;)
どっちにしろ中途半端な時間に終わりにした自分をまたまた責めました(>_<)

明日は窓明けでしょうか?

ドルも101円台が高値って安すぎ~!どこまで行っちゃうの?

もし去年持っていたポンド円のポジ損きり出来ず今日まで持っていたら、240円→200円1枚でマイナス40万・・・他の取引も出来ず、ポンドカムバックっと神頼みしていそう・・・(ーー;)
ストップの大切さを改めて感じます!

FX始めて8ヶ月でこんなに大荒れの相場経験すごくな~い!?

少ししか経験していないから、ドル100円割れやポンド200円割れって想像もつかなかったけど、今回はだいぶ深刻そう!

何度も書きますが、自分の知っているレートの中だけの値ごろ感は危険です!
相場が上昇に入ってからのロング拾いをしても充分儲けられるのでいらんポジはバシバシ利食い&損きりしちゃいましょう♪(←自分に言っています!)

今はクロス円下降トレンドですよ~!!(みんな知ってるって!?)


ブログランキング参加してます♪
ポチっとお願いします!

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

FC2 Blog Ranking ポプログ人気fxブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : FX1年生 - ジャンル : 株式・投資・マネー

タグ : FX ポンド ドル 保育園 卒園 クロス円

08:51  |  FX日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

値ごろ感は危険!
私もよくそれで失敗する気がします…
今日のポチです!
優香 |  2008.03.17(月) 00:05 | URL |  【編集】
●優香さん
いつも訪問&コメントありがとうです!
値ごろ感での取引は本当に危険ですよね!
気をつけたい所です。

ゆん
ゆん |  2008.03.20(木) 15:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yuukigennkiseigi.blog84.fc2.com/tb.php/69-2234193b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |